忍者ブログ

スポーツにはノンケミカルの日焼け止めクリームが最適なワケ

屋外でのスポーツにはノンケミカルの日焼け止めクリームを使うのがいいようです。そのワケは

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポーツにはノンケミカルの日焼け止めを!では、どこのクリームがいいのか!!

スポーツ時には、肌の負担が少ないノンケミカルの日焼け止めがいいです。
では、どこの日焼け止めのクリームがいいのか!!


ここでは、エクスボーテ CCクリームがお勧めです!


なぜなら、エクスボーテ CCクリームは、
SPF50+とPA++++と国内最高基準の紫外線カット機能があり、
肌に優しい紫外線吸収剤フリーのノンケミカル。

また、汗や皮脂にも強いウォータープルーフで、
肌に負担になりやす成分は未使用なので、
とにかく肌に優しい。

しかも、スキンケア効果が高い成分配合なので、
以前の記事、「~日焼け止めの選び方~」の条件を満足するものかと思います。

さらに、これ1本でメイクも完成しちゃう!


いまなら、初めてエクスボーテ CCクリームを利用される方には、
30日返金保証制度も設けてありますので、
試しに使ってみてはいかがでしょうか。






PR

日焼け止めで老化を防ぐために、最適な日焼け止めの選び方と塗り方。


スポーツだけではなく、日常生活でも
日焼け止めクリームを使い老化を防ぐことが大事です。

紫外線は光老化(日光老け)を招きます。


この光老化を防ぐにはどうすべきか。

・紫外線量の多い時間帯(午前10時~午後15時)での外の作業時間を減らす。

・外出をする場合は「紫外線防止効果の高い日焼け止めクリーム」を使う。

・帽子や日傘を並行して使う。

等々の対策が必要不可欠になります。


では、日焼け止めにはどんな商品を選べばいいのでしょうか。
また、その塗り方について。


まず、日焼け止めの選び方です。

・スキンケア効果に高いもの

・紫外線防止効果が高く、肌に優しい成分が入っているもの

・汗をかいてもUV機能が失われない、水や汗に強い最新技術を搭載したもの


次に、塗り方です。

・ムラにならないよう丁寧に塗る

・一度にたくさん塗りこむのではなく、二度塗りがポイント

・額、ほほ、鼻、あごなどの高く出ているパーツは
紫外線が多く当たりやすいので、少し厚めに丁寧に塗りましょう。

・それと、耳や首などの塗り忘れに注意する

以上が、日焼け止め選びと塗り方のポイントです。



でも、そんな条件の揃った日焼け止めなんてどこにあるの?

ムラなく塗るのって難しいのでは・・・。

実際、きちんと塗ったつもりでも、汗や水で流れてしまうのでは・・・・。
とお思っている方もおられるかもしれません。

そこで、このクリームはどうでしょうか。

メイクも紫外線対策もバッチリできる
エクスボーテ CCクリーム

スポーツ時や日常にも日焼け止めが必要なワケ!

スポーツ時や日常にも日焼け止めが必要なワケは、
老化を防ぐ意味でも必要なのです。



老化の中でも、見た目でより老化させているのが「皮膚の老化」。

原因は、加齢といった年齢と
光老化なのですが、
じつは、肌の老化の約8割が光老化


つまり、
光老化がかなり老化を促進するようです。





光老化というのは、
紫外線による皮ふへのダメージによる
老化のことで別名「日光老け」とも呼ばれます。


紫外線の中でもUV-A(皮ふの深い真皮層まで到達するもの)対策を怠ることで、
現象のリスクが高まり肌の老化を促進してしまいます。

主な症状として、しみ、しわ、たるみなどが目に見えてでてきます。
これらは「老化兆候」ともいわれています。

ですから、スポーツ時だけでなく日常でも日焼け止めが必要なワケなのです。


スポーツの日焼け止めクリームの選択ポイント


いまや、スポーツシーンを想定した
日焼け止めクリームも出回っているものの、

「汗で落ちてしまう」

「塗り直しの手間がかかる」
という理由で、

「これなら、塗らなくても一緒では・・・。」
と、ついついおろそかになりがちな人も多いのでは。

ですが、紫外線は、肌へのダメージのみならず、
日焼けのダメージが、パフォーマンスの低下に
なる場合もありますので、
日焼けはしっかり対策しましょう。







日焼け止めを選ぶ場合は、
まずは日焼けを防ぐ指標としてSPF値とPA値に注目すべし。

肌が赤くなるUVBを防ぐのがSPF値。

次に、肌に浸透して老化を進行させるUVAを防ぐのがPA値。

とくに日差しの強い海や山へのお出かけや、屋外でのスポーツ時には、
日焼け止め数値の高さを優先しましょう。

ただ、この数値が高いと白浮き感やつけ心地、
成分のにおいなどで抵抗感がある場合があります。

でも、最近では使用感の良いものもたくさんでてきていますので、
そう、気にすることがなくなりました。


ですから、スポーツをする時などは、
より強力なSPF50くらいにするといいようです。

それに、汗をたくさんかくときやプールに入る時には、
水がかかっても落ちないウォータープルーフタイプがおすすめです。

落とす時は、せっけんで丁寧ていねいに洗うこと。

さらに、肌にやさしいノンケミカルのオーガニックな日焼け止めがいいでしょう。

日光浴じたいは、健康を保つのに欠かせない資源のひとつ。

ですが、肌負担には最小限に日焼けによる赤みや痛み、
シミやそばかすは最大限に防いで、今年の春夏も太陽となかよく過ごしたいですね。